自分の職業・不動産仲介業についてどう思うかの詳細について

夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】

トップページ > 自分の職業・不動産仲介業についてどう思うか
自分の職業・不動産仲介業についてどう思うか

"不動産という高額商品の取引には専門知識が必要です。
一般の方が専門知識を身につけるまでの時間や労力や費用をかけるよりも、専門家へ依頼した方が合理的であることは間違いありません。

不動産売買ということですと、売主=不動産業者・買主=一般人という構図です。
プロから買うので安心という部分と、騙されたり高く売りつけられたりするという部分とが、表裏一体の切っても切り離せない関係でもあります。

不動産仲介業は業者ではありますが、依頼者である一般人の側に立って、専門的な知識やアドバイスをします。
例えるなら、裁判でいうところの弁護士のようなものです。
弁護士と違い、原則は成功報酬しか得られず、売買が成立しなければタダ働きになります。
こういった立場や役回りは、ある意味では高い収益を上げることが難しい職業ですが、不動産取引のワンシーンでは必要な役どころでもあります。

反面、仲介業者の多くは集客に尽力し、その一環として、インターネット上でおとり広告同然の物件情報を垂れ流しています。
原則成功報酬という縛りのせいで、そうしなければ食っていけないのです。

この点を法律などで補わなければ、仲介業という業種はなくなっていくのかも知れません。
おそらく難しいでしょう。
近い将来は縮小していく業界だと思います。
自分自身が身を置いている場なので、悲しくもあり、不安でもあります。"

関連エントリー
Copyright © 2011 夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】 . All rights reserved