作家になりたかった子どもの頃の詳細について

夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】

トップページ > 作家になりたかった子どもの頃
作家になりたかった子どもの頃

"子どもの頃作家になりたいと思っていました。
本が好きで読んでいると幸せでしたし、こんな素晴らしものが書けるようになったらいいなと憧れていました。
何度も自分でも書いてみましたが、ストーリーを作るというのは難しく、また自分の書いたものを読み返しても、たくさん読んでいる好きな小説と比べてあまりにも未熟で目もあてられないと感じました。
歳を取れば少しはいいものが書けるようになるかとも思いましたが、それだけたくさんの本を読んでいると、こんなにすごいものはとうてい書けないという思いの方が強くなってきて、書こうと努力することも諦めるようになりました。
今はネット社会になって在宅でちょっとした文章を書くことで収入を得られるようになってきました。
作家になる夢とは遠くかけ離れていますが、自分が書いた文章がほんのわずかでもお金になっているということに少し感動しています。
昔の売れない作家がどんなに小説を書いても一銭にもならずに苦しい生活をしていたことと比べたら、雑文を書いて月数万円でも稼げる今の世の中はいいものかもしれません。"

関連エントリー
Copyright © 2011 夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】 . All rights reserved