夜勤専従の看護師の勤務時間と日数の変更についての詳細について

夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】

トップページ > 夜勤専従の看護師の勤務時間と日数の変更について
夜勤専従の看護師の勤務時間と日数の変更について

現在、どの医療機関も看護師が人手不足の状況に陥っています。また、女性が圧倒的多数を占めている職業のため、夜勤が敬遠される傾向が見られます。そのため夜勤専従の求人は厚遇が多く、理想の職場で働ける可能性が高くなります。

しかし、人手不足が深刻化した場合、雇用の際にの条件とは異なり労働環境を要求される場合も出てきます。たとえば週3日の勤務で雇用されたにもかかわらず、その後辞める人や夜勤ができない人が出てきた場合、勤務日数を増やさせてしまう可能性も出てくるのです。

労働基準法では雇用契約の際に定められた勤務時間・勤務日数を変更する場合には、改めて書面で提示する必要があります。雇用する側が一方的に変更することはできないことになっているのです。また、契約前に取り交わす契約書に勤務時間・日数の変更が行われる可能性を明記することで雇用側の都合で変更することが可能になりますから、契約の際にはよくチェックしておきましょう。ただ、契約書に明記した場合にも、本人の意思を確認した上で変更することが求められています。

求人情報からはこうした雇用後の変更の余地を知ることは難しいでしょう。ですから面接の際に忘れずに確認しておくことが重要です。しっかりした求人先なら、向こうからどの程度働くことができるか、雇用後の変更に対応できるかどうかを聞いてくるでしょう。その際に自分の都合と希望を明確に伝えることができるかどうかも就職活動をする上で重要なポイントとなってくるでしょう。求人情報探しを行う段階から意識しておきたいところです。

関連エントリー
Copyright © 2011 夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】 . All rights reserved