残業時の惨劇の詳細について

夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】

トップページ > 残業時の惨劇
残業時の惨劇

"ちょっと過酷な残業が続いた時の事です。

いつも隣で楽しく話する50歳位のデザイナーさんが居ました。その方はとにかく楽しそうに仕事して一日中喋りっぱなしです。残業の時も定時の時も変わり無く、とにかくしょうもない事ばかり喋って一人で笑って。

ある時期残業が続いたのですが、その方は相変わらずハイテンションです。もう会話の内容は、今子供の中で流行ってる事、好きなアイドル、ゲーム、アニメとか子供っぽい事ばかりの人で、茶目っ気のあるオッサンでした。

残業が続いた時期、そのオッサンがヤングマガジンのグラビアに対して顔をブチューっと埋めてたんです。丁度唇が股間のあたりに、周りもまぁいつものノリだろと笑ってたら、中々起き上がってきません。疲れたからグラビアで癒されてる?みたいな軽いノリだったんですが、何か白目向いて泡吹いててビックリ!救急車呼んで、速攻病院へ。

とりあえず大事に至らなかったですが、残業中に惨劇が起こりかけました。という思い出です"

関連エントリー
Copyright © 2011 夜勤専従の看護師求人.net【夜勤のみの転職、求人情報をお探しなら】 . All rights reserved